飲む日焼け止め「ヘリオケア」 の効果や最安値で購入できるサイトの紹介

飲む日焼け止め「ヘリオケア」は何からできているの??

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の主成分

主成分の「Fernblock」は中央アメリカに生息する

「Polypodium leucotomos」という シダ植物の一種の抽出物から作られています。

 

「Fernblock」はアメリカで特許を取得し、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されている天然成分です。

 

老化を引き起こす原因となる紫外線A波を吸収し、肌を防御する効果と、紫外線を浴びることにより発生するフリーラジカル(活性酸素など)を抑制し細胞の損傷を防ぐ効果があります。

 

そのため、日焼けそのものを防ぎ、光老化によるしわやたるみ、しみ、皮膚がんの 発生のリスクを軽減します。

 

ウルトラ D オーラルとウルトラ オーラルには480mg、オーラル、アンチオキシダント、ピュアホワイト ラディアンスには240mgFernblockが配合されています。

 

>> 飲む日焼け止めヘリオケアの紫外線から体を守る仕組み

ヘリオケアのその他の配合成分

成分 ウルトラ D

オーラル

ウルトラ

オーラル

オーラル アンチ

オキシダント

ピュアホワイト

ラディアンス

リコピン × × ×
ルテイン × × ×
ビタミンB × × × ×
ビタミンC × ×
ビタミンD × × × ×
ビタミンE × × ×
β-カロテン × × × ×
エラグ酸 × × × ×
L-シスチン × × × ×

 

リコピン

トマトの赤い色はこのリコピンの色。

 

紫外線を浴びて発生した活性酸素を無害化し、メラニン色素の発生を抑制する効果があります。

 

強い日差しを浴びて起こる肌の赤み、ごわつきも軽減する飲む日焼け止めには欠かせない成分です。

 

日焼け止め効果も、紫外線を浴びた後のアフターケアにも、このリコピンが活躍します。

 

ルテイン

ほうれん草など、緑色で葉っぱものの野菜に多く含まれている成分。

 

もともと皮膚などにも存在していますが、喫煙、紫外線、年齢を重ねることで減少していきます。

 

強い抗酸化作用を持ち、紫外線を浴びて発生した活性酸素から細胞を守ります。
紫外線から瞳を守る働きもあります。

 

ビタミンB

 

健康な皮膚を作る栄養素。
紫外線と戦う肌に必要な成分です。

 

ビタミンC・ビタミンE

 

紫外線を浴びて発生した活性酸素から肌を守る抗酸化力を高める働きがあります。

 

ビタミンD

 

皮膚の細胞の若返りに効果があるビタミン。
日光に当たることによっても生成されるので、日焼けを気にする人は不足しやすい栄養素です。

 

β-カロテン

 

紫外線を浴びて発生した活性酸素を無害化し、メラニン色素の発生を抑制する効果があります。

 

エラグ酸

 

抗酸化作用によりメラニン色素の生成を阻害する効果があります。

 

L-シスチン

 

メラニンの生成を抑制し、肌の代謝を促がす効果があります。

 

 

「ヘリオケア」 の最安値通販はコチラ⇒ ヘリオケアウルトラDカプセル