飲む日焼け止め「ヘリオケア」 の効果や最安値で購入できるサイトの紹介

紫外線は怖いけど「ゴルフ」はしたい!ゴルフ女子に飲む日焼け止め

ゴルフ場は「シミの元凶」の紫外線がいっぱい

 

ゴルフは一年中屋外でプレイするスポーツ。

 

自然に囲まれて気持ちいいけど、日陰のないコース上は日焼けし放題です。

 

真夏に高原でのゴルフなんて最高ですが、標高の高い場所は紫外線の強さが増し、さらにその害が心配です。

 

美容を気にするゴルファーなら、もちろんプレイ開始前に丁寧に日焼け止めは塗っていると思いますが、それだけでは不十分。

 

しかしコース上でメイク直しはしづらく、プレー中に日焼け止めをこまめに塗りなおすのはとても難しいです。
塗る日焼け止めは2〜3時間おきにきちんと塗りなおさないと、意味がありません。

 

さらに夏のプレーは汗をかくので、プレー前に塗った日焼け止めも、すぐに水分や皮脂で流れてしまいます。

 

ゴルフ場でたっぷり浴びた紫外線は、肌を黒くするだけにとどまらず、乾燥やシミや老化の引き金になるから気が抜けません。

ゴルファーが紫外線の害を最小限に抑えるためにしたいこと

 

■サングラスは必須
(目から入ってくる紫外線を防ぎます。)

 

■帽子はサンバイザーよりキャップを
(頭皮の日焼けを防ぎます。)

 

■UVカットのウエア、アームウォーマーやレギンスで紫外線を防御する

 

■プレーの直前にはウォータープルーフでSPF50PA++++の日焼け止めをたっぷり塗る

 

■合間にスプレータイプの日焼け止めをまめに使う

 

■プレー前(朝食なども)にレモン、オレンジ、グレープフルーツ、みかんなどの光毒性のあるものを食べない

 

 

※光毒性とは?

 

柑橘系、いちじく、キウイ、アセロラなどのフルーツ、
きゅうり、パセリ、セロリ、しそ、三つ葉などの野菜は光毒性を持つ「ソラレン」を含みます。
またアシタバやクロレラを含むサプリにも含まれます。

 

紫外線への感受性を高めるので、ゴルフに出かける前には厳禁です。

紫外線に気をとられずプレーするなら「飲む日焼け止め」

せっかくのゴルフなのに、紫外線ばかり気にしているのも疲れてしまいます。

 

でも後でシミが現れて後悔するのも手遅れ。

 

ゴルフ女子に最適なのは「飲む日焼け止め」。

 

完璧な効果を求めるなら、コースに出る30分前に1錠服用。
プレー中、3時間後にもう1錠追加。

 

飲む日焼け止めなら、汗で流れることもテカってメイクが崩れることもありません。

 

顔はもちろんですが、首や腕、さらに服を通して紫外線を浴びる全身の日焼けを防ぐことができます。

 

 

>>2018年最新 飲む日焼け止めサプリランキングはコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ